トップに戻る

受賞結果発表

北海道デジタルコンテスト「キタアニ」に作品を多数ご応募いただき誠にありがとうございました。

応募総数96作品の中から、審査員による厳正なる審査の結果、各部門の受賞作品が下記の通り決定いたしました。

 

『旧赤れんが』

 くろみつ さん


赤レンガ(北海道庁旧本庁舎)をモチーフにしたキャラクター。
旧道庁をもっと身近に感じてもらえる様に、赤レンガらしさを盛り込んで考案しました。
旧道庁の擬人化というよりは案内役の様な女の子です。
ただ可愛いキャラクターではなくどこかクセがあって且つ温かみのあるデザインを目指しました。

『みるちゃん』

 みやび さん


ミルククラウンから生まれた元気な女の子。牛乳や乳製品を応援するため、いろんな所に現れる。大好きな北海道と牛乳のために今日もどこかで笑顔を振りまいている。

その他・応募作品

『キクルとシマエナガ先生』

 のすけ さん


人間に憧れて山からおりてきた狼少年キクルは今日もシマエナガ先生に色々なことを教えてもらうのでした。

『玉葱北野』

 和田 さん


玉葱の妖精である 北野 は玉葱の妖精界で広報を担当している。

『とうき爺』

 いしかわ さん


太古の昔から北海道の農作業を見守るとうきびのお爺さん。

『にん人』

 まむぱぴ さん


にんじん畑からやってきたにん人。
普段はにんじん畑から外で遊んでいる子供達を見守っています。
いたずら好きですが、根はいい子(にんじん)なので、お詫びとして畑で採れたにんじんをおすそ分けします。

『かにまん』

 ちのりちゃん さん


北海道の特産物である蟹をPRするために改造された元人間。
生みの親がわからない。蟹でもなく人間でもない自身のアイデンティティーに悩みながら、蟹をPRする悲しきゆるキャラ。
「蟹のヒーロー」というPRの趣旨のため植え付けられた正義感が不条理な状況に対面したとき反射神経的に湧き上がる。「実は怪人ではないのか」というツッコミにはアイデンティティが確立していないので深く傷付く。
人間だった頃の個人としての思い出が僅かにある

『北スタイン・フリーシアン』

 権俵 さん


北海道の守護神。とっても力強い。

『すず』

 ボブ坂 さん


小さなすずらんの双子の姉、すずちゃんです。

『らん』

 ボブ坂 さん


小さなすずらんの双子の妹、らんちゃんです。

『マリモンロー』

 ボブ坂 さん


マリモ界の大女優、マリモンロー。

『NIPOPOちゃん』

 pappy & tama さん


北海道の特産品である木製品としてニポポがある。しかし、それは徐々に消えゆく。北海道の広大な自然の中には木々が多数あり、様々な恩恵を受けている。今年は木の年とも言われ、この大切な文化を後世に残したくニポポちゃんを創作した。

『ラベ夫人』

 EMI さん


北海道のラベンダーをモチーフとして、ラベンダーの上品な香り、色から連想させてラベ夫人というキャラクターを制作しました。

『海鮮ガニ』

 ひがっち さん


北海道の一部の人はこのカニの存在を知っているらしく、刺身・鍋で食していた人も。見た目は気持ち悪いが味は非常に美味らしい。
先日北海道に行った旅行者が、この存在に気づき、ネットでうわさが広がっている。漁でも滅多にに採れず、幻のカニと呼ばれている。鍋があると、自ら飛び込んでいくという習性があるらしい。

『米の精』

 ponkotu さん


北海道の美味しい米から生まれた米の精霊。
基本感情は顔に出さず、色の変化によって今の気持ちを伝える。
仲間意識が高い。

『ホッカイランドの野菜たち』

 松岡 麻耶伽 さん


町はずれに住む物知りな男爵とタマネギが偶然出会い、6歳という何にでも興味をもつタマネギが北海道のこれが不思議!謎!というのを男爵と2人で謎を解いてゆく・・・
そうゆう2人を思い浮かべながら描きました。

『ふり~こくん』

 BB さん


札幌市時計台をモチーフとしました。

『雪国鶴子』

 いなり さん


踊りと、とうきびが大好きな女の子。
普段はクールな性格の彼女だが、とうきびを目の前にすると、思わずテンションが上がり、踊ってしまう。また、虫が嫌いなので、虫を発見するとものすごい速さで逃げていく。ちょっぴり口調が荒い(北海道弁)

『メローン博士』

 髙橋剛士 さん


メローン博士は、クラーク博士をリスペクトしていて、いつも同じポーズをしています。好きな食べ物は、海鮮丼です。

『MEPORO(メポロ)』

 kami さん


札幌市営地下鉄の案内人。
大人しそうに見えて意外と腹黒。でも素直な面もある。
本人は従順なジェントルマンであるつもり。

『ベーアイスん』

 月猫 さん


べーアイスん(♀・北海道生まれ・永遠の17歳・丑年牡牛座・5月2日生まれ)
座右の銘 人生ギリギリアウトぐらいがちょうどいい
性格 寒がり オシャレ やんちゃ
語尾 クマァ
口癖 トケリュウ
テンションが上がると溶ける
寒がりなのでいつも牛柄パーカーを着ているが顔がアイスクリームでできているので顔がよく溶けてしまう
いつもチョコレートアイスだが希にオシャレをして抹茶アイスになっていたりする
転ぶと顔がグチャグチャに潰れる

『カニドゥン』

 月猫 さん


カニドゥン(7月21日生まれ・蟹座・蟹年)
座右の銘 人生ギリギリアウトぐらいがちょうどいい
性格 恥ずかしがり屋
語尾 カニィ
必殺技 クラブアッパー
年がら年中どんぶりの中に引きこもっていたせいでどんぶりと一体化してしまった。ちなみに本体は蓋でもう茹で上がっている。

『ラベンダー』

 クロマメ さん


北海道のラベンダーをモチーフにしたキャラクター作品です。
洋服とアイヌの民族衣装を合わせたような服装が特徴です。お嬢様気質の優しい子です。ラベンダーの精霊なので人目にはつきません。

『えりねん』

 猛者猫 さん


北海道の寒い海に産まれたクリオネの妖精「えりねん」は、産まれたばかり。自分の本当の正体のことを知らないえりねんは自分探しの旅として北海道を冒険することにした...。

『北のハスカップちゃん』

 春日日和 さん


ハスカップをイメージしてキャラクターデザインしました。

『キタカニ』

 ひろりん さん


北海道の代表的な動物 「キタキツネ」をモチーフにしました。特産物 「カニ」の帽子をかぶり、特産物の「トウモロコシ」のポシェットを下げています。

『かに姉さん』

 パヤノ さん


北海道の特産物、カニをモチーフにした「かに姉さん」というキャラクターです。
たくさんの人に愛されてほしいという気持ちを込めて制作しました。
また、着物を着せたことで、海外の方にも北海道、そして日本をアピールできるようなキャラクターにしました。

『きたのだいちくん』

 やなぎもとみつひろ さん


北海道の広大な大地から生まれた「きたのだいちくん」
手には軍手、足には長靴を履き野菜を作っている。

『ケイリイ』

 U.A さん


札幌時計台に住むハト。昔愛されていたハトが亡くなって、生まれ変わったのがこのケイリイ。時計台のリーダーとして、自然好きな優しい性格。
「ケイ」は時計の「計」より。
配色は、時計台の屋根の赤、壁の白、空の水色と虹をイメージ。水色の顔は怒ると赤色になる。頭の飾りは赤レンガでできた時計で、飛ぶときにバランスと取るおもりになる。

『ビア☆ガール』

 阿部 裕彌 さん


ビールの売り子の女の子が特産品や名物をモチーフにした怪人を倒し、手に入れたブツをおいしくいただくストーリー。

『マリホくん』

 コルキチ さん


名前・マリホくん
身長・144cm
体重・40kg

名前はマリモ+ホタテからきており、マリモのような質感のボディと耳になってるホタテが特徴。
元は自衛隊員のエゾリスだったが、退職したあとマリモを大量に捕食した結果このような身体になってしまった。

『ぽっくる』

 のぶ さん


キャラクター名 ぽっくる
性別 無し(見た目は男)
生息地 北海道の森の中、大きいフキの近く
好きな物 フキ
好きなこと 明るい人たちを見守ること

どういう経緯で現れたか?
昔から人を見守っていて、自然を大事にしてくれる人の前に現れる。
主な主食は赤くて硬くなったフキをとって食べたり傘代わりにしていた。
この頃自然を大切にしようとしている人が少なくなってたので、人々の前に姿を現した。その一人がぽっくるである。

『環境保全ヒーロー・キタノ ダイチくん』

 原田 ミサオ さん


美しく肥沃な北の大地でも、ゴミのポイ捨てやルールを守らず汚れたゴミステーション、不法投棄などもあります。
そんな悲しい事実を変え、この北海道がより一層美しい大地・町となる様に現れたヒーローです。

『ウマイラーメン』

 BBきょん さん


この「ウマイラーメン」のお腹は普段は「醤油ラーメン」、喜んでいるときは「とんこつ醤油ラーメン」
悲しい時は「塩ラーメン」楽しい時は「味噌ラーメン」怒っているときには「スープカレー」に変わります。
お腹が丼のときには背中に人が乗れますが、怒っているときはスープ皿に変わるので、人は乗れません。

『鳴狐(なるこ)』

 まふまふ さん


北海道に住むキタキツネと、よさこいソーラン祭りを掛け合わせたキャラクターです。はっぴは、ソーラン節の海をイメージし、青色にしています。両手にはよさこいの特徴である鳴子を持っており、楽しい時に踊ります。
名前の由来は「鳴子」+「狐」から。

『産ゴロー』

 Jun さん


北海道の豊かな自然の賜物である一次産品やそれらを加工した二次産品など、北海道内には数多くの産業がある。
その産業を一つにしてPRできるようなキャラクターとしてこの「産ゴロー」をデザインしました。
特に生乳生産量日本一である酪農の象徴となる牛をモチーフにしました。

『エゾふくろうの「ヤウン」』

 いとうますみ さん


「エゾふくろう」をモチーフにデザインしました。登山靴を履き、あらゆるアウトドアアクティビティが楽しめる雄大な北海道をアピールしています。また、毛並みにアイヌ文様をも取り入れました。

『ミルクで北海道をモォーっと元気にするぞ!!』

 なっち さん


ちょいちょい気になっていたあの瓶に勇気をだして入ってみたらとても心地よかった。
次は牛乳パックに挑戦しよう!!みんなも勇気を出してもっと牛乳を飲もう!!

『イメルとヘペレ』

 Ameri.Y さん


イメル(稲光の意)はかつてアイヌの集落に暮らす少女だった。
日頃は大人しく朴訥といってもいい様子だったが、 狩り等になると機敏に動いた。
その様子からやや勇ましくも思えるこの名前がつけられた。
彼女はある日、人里まで降りてきてしまったキムンカムイ(山の神、ヒグマの意)のヘペレ(小熊の意)と運悪く遭遇し、相打ちとなってしまう。
死に瀕しながらもイヨマンテ(カムイの魂を神の国に還す儀式)の祈りと、身に付けていたタマサイ(首飾り)とマタンプシ(頭飾り)を奉げて逝った彼女を、彼はすっかり気に入った。
彼女の亡骸はじきに集落の者たちに発見され、彼女の勇気と優しさを称え、ヘペレの毛皮を与えて一緒に弔った。
彼はカムイモシリ(神の国)に還ることも、カムイ本来の(人間と同じような)姿に戻ることもせず、彼女の魂を巫女のようなものとして、寄り添うことにしたのだった。 それ以来、ふたり一緒にのんびり過ごしている。

裁縫やアイヌ模様の刺繍を母や祖母から習い終わる前に死んでしまったのが心残り。
現代でもアイヌ模様が流行ればいいのになーと思っており、土産物屋の一角にそんなコーナーを設けるのが夢。

『雪多ルマ』

 川田 充顕 さん


北海道の「雪の妖精」。服の色は「白雪姫」の色彩を使いかわいらしさを表現し雪のイメージを強調。頭と自身の服で、雪だるまを使い、北海道の特産品をスカートの飾りにつけました。

『にぽちゃん』

 koyubi さん


北海道の文化である、アイヌ、民芸品のニポポ人形とコロポックルをコンセプトに、ニポポ=コロポックルとし、架空の設定でキャラクターを制作いたしました。

『海道 きみ』

 misato さん


「海道 きみ」という、とうもろこしをモチーフにした、可愛い女の子のキャラクターです。

『圭ちゃん』

 つっちゃん さん


先日北海道外の友人が遊びにきた際にお土産に木彫りの熊を購入したというエピソードから考案した北海道のキャラクターです。

『白エゾリスの「ましろ ゆき」』

 荅 さん


アイヌの伝説にも登場する白いエゾリスをモチーフに本キャラクターを作成しました。
色は白色やラベンダーの紫色など北海道らしい彩色にし、又、北海道の開拓使マークや北斗七星などをイメージし、目とマフラーと髪留めに計7つの星をデザインに取り入れました。
北海道からポップカルチャーを通し、日本を元気にしていけたらという思いを込めて元気いっぱいなキャラクターにしました。

『食の錬金術師』

 narico. さん


日本の北に位置する島、そして都道府県中、唯一の「道」である北海道。
面積約83,500km2、総人口約550万人、人口密度66人/km2、もちろん日本一!
広大な大地を開拓し、大規模な農業、酪農、さらに四方を生みに囲まれて漁業も盛んである。
まさに食の宝庫である北海道だが思うように景気が上がらない。
日の食を担ているはずなのに、道民所得は毎年下位である。
第一次産業を第6次産業に持っていき、北海道の活性化を図るべく北海道大学で秘密の研究がおこなわれていた。

錬金術を応用した料理の研究である。

『美味しい野菜を徹底究明☆』

 葱湖 さん


札幌が発祥とされているスープカレーに触発されてデザインを行いました。スープカレーは野菜を種類豊富に生産でき、かつ寒くて震える身体を優しく温めてくれる北海道の誇れる料理の一つだとわたしは考えています。ところが北海道の地元に住んでいる友達や親戚にスープカレーの話題を振っても歴史がまだ浅く浸透していないのか知らない、あるいは聞いたことはあるが味は分からないという答えが返ってきます。もっと多くの人にスープカレーを知ってもらいたい。そんな思いの元、スープカレーの特徴であり北海道のわたしの個人的な印象の強かった豊富な野菜を取り上げデザインに取り入れました。

『北かいどう るく美』

 Jun さん


北海道の牛乳をこよなく愛す少女、北かいどうるく美。
いつでもどこでも新鮮な牛乳を飲めるようにマイグラスを持ち歩き、牛乳を飲むことに命をかける。

『雪像だい好き妖精』

 アイバキコウ さん


冬になると雪の結晶にのってやってきて、雪像をつくったり見て楽しむ妖精。作った雪像はわけのわからないものが多い。雪像がこわれたり、とけてなくなるととてもがっかりする。でもすぐにたちなおる。性別はない。とても小さいので人の目には見えない。

『おこめの妖精ポンちゃん』

 つなき さん


おこめの妖精「ポンちゃん」
北海道米LOVE!

『メロン子ちゃん』

 いとゆ さん


夕張メロンから生まれた、メロンの申し子「めろん子ちゃん」です。薄着ですがマフラーで防寒対策バッチリです。だるそうに見えるけど実は北海道が大好き。

『空野 ライラ』

 利斗 さん


キャラクターデザイン部門・魔法少女になりたい女の子、空野 ライラ(そらの らいら)についてのデザイン、プロフィールです。

『花畑の子』

 イチユ さん


キャラデザインです。

『ちゃけ・ちゃけ』

 あやねこ さん


さけをモチーフにキャラクターをつくってみました。

『ポップなアイヌ民族』

 なのかさん さん


北海道の歴史である「アイヌ民族」を現代版にしたポップな女の子を描きました。

『スノッチ』

 atari さん


クマの容姿をした雪の精。
頬には雪の結晶のマーク。色々動くたびに体の周りや模様として雪の結晶が現れる。

『キャプテン・エゾシカンガー』

『豚ドンさん(兄)、豚ドンさん(弟)』

 yap さん


エゾシカのヒーローと北海道グルメメニュー「豚丼」のキャラです。

キタアニ コンセプトムービー

「イチャコラアニマル」

制作:株式会社ハートビット

「START EAT UP ☆ HOKKAIDO!!」

制作:キタアニプロジェクト

3月14日 キタアニ授賞式